dustbox

REIJIからのコメント

突然のお知らせで皆さんをびっくりさせてしまったと思います。本当にごめんなさい。

僕は3/23のリキッドルームワンマンをもってdustboxを脱退することになりました。


理由は音楽性とこれからの方向性の違いです。15年続けてきたdustboxに不満があったわけでも、ましてやメンバーとの仲が悪くなったからでもありません。(笑)

去年の年明けくらいから僕自身dustbox以外にも色々な活動をしたいなって気持ちが大きくなってきたんです。最初はその気持ちを抑えてましたが時が経つにつれて抑えられなくなってしまって…こんな気持ちのままじゃ他のメンバー2人に対してとても申し訳ないなと感じて、このことを打ち明けてみました。2人はもっとよく考えてほしいと言ってくれて、そして自分自身としても本当にdustboxを辞めてまでやりたいことなのか?と自問自答の日々が続きました。

ライブには集中して望みたかったので、とりあえず晴海埠頭のワンマンまではそのことは何も考えず目の前のライブに集中しようと。あんな環境でのワンマンライブなんて絶対最高だし、それを体験してからならまた考えも変わるだろうと思ったので。


そして最高のワンマンが終わって改めてゆっくり時間を使って考えました。そこで僕が選んだ答えは自分のやりたいことをやりたい!後悔はしたくない!ってことでした。

そして3人で改めて話し合い、脱退が決定しました。


応援してくれている皆さんにはとても悲しい思いをさせてしまって、本当にごめんなさい。

でもドラムを叩くことを辞める訳じゃありません。むしろこれからもドラムは叩き続けていきます。僕にはこれしかないので!

僕が抜けた後のdustboxは新しいドラマーを入れて今後も活動をしていきます。そして僕もこれから色々な音楽活動をしていこうと思ってます。だから、皆さんともまたいつか会える日が来るでしょう。


僕は心の底からdustboxを愛してます。抜けることなんか想像もつかなかった。辞めることが決まってからのライブは今まで以上に1本1本噛み締めて、全力でライブをしてきました。そこで感じたことはこのバンドは本当にたくさんの人達に愛されているってこと。

dustboxをやってきたから体験できたこと、応援してくれたファンの方々、出会えた大勢の素晴らしい人達、大切な仲間達、スタッフ、そしてもちろんSUGAとJOJI。

みんなが、全てが、僕の財産です。

dustboxとして過ごした15年間、とても幸せでした。心の底から感謝しています。

今まで本当にありがとうございました。

そして、別々の道を歩むことになったdustboxと木村令志をこれからも変わらず応援よろしくお願いします。



REIJI